ローンで購入する場合

2013年3月6日 / 手続き

車を買うと言うことは大きな買い物であり、こう言ったお金に関しては一括で用意できないために、ローンを組んで分割払いで車を買うと言う人もめずらしくはありません。

ローンを組んで車を購入するとなると、また支払いの仕方も変わってきます。

 

このローンを組む方法は種類がいくつかあり、販売会社が提携しているローン会社でローンを組む場合には金利が少し高めの設定になっています。

なぜなら消費者金融と提携している場合が多いので、どうしても金利が高めになってしまうからです。

 

それから銀行において自動車ローンを組む場合、審査が厳しい代わりに低金利でローンの融資を受けられるのです。

また、自分が勤めている会社でローンの融資をしてくれるのであれば、申請によって金利が優遇されることもあります。

 

そして残価設定型というローンがあり、これは買うときにまず半額分を支払います。

その後、3年間の期間で走行距離や車を無傷で扱わなければいけないといった条件付きのローンですが、3年後に車を売るか買い取るかの選択肢があり、売ると半額で買い取ってくれるのでローンが残らないと言う変わったシステムになっています。

買い取りの場合はもちろん半額分を支払うことになります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る