車を買うときにしなければならないこと

2013年3月6日 / 手続き

車を買うのは良いけれども、その後に色々な手続きをしなければ車は乗れません。

 

車を買っても乗れないのは宝の持ち腐れですので、しっかりとやるべきことの手続きをして車に乗れるようにしなければいけません。

 

まずは車を購入した直後には、車が公道を走れるように登録をしなければいけません。

 

色々な書類にサインと捺印をしてから登録をしますが、新車の場合はナンバープレートの取得、中古車の場合は名義の変更がこれに当てはまり、ディーラーなどの代理店にこの手続きをしてもらいます。

 

それから車の置き場所として車庫が必要になりますので車庫証明もしなければいけません。

 

これは普通車と軽自動車でやり方が違い、普通車の場合は登録前に、軽自動車は登録後1ヶ月以内に車庫証明を取ります。

 

そして、自動車を運転する上では事故はつき物ですから保険の加入も済ませておきましょう。

 

任意保険と呼ばれるものになりますが、これは納車の日に合わせて保険をセットしておくのがベストです。

 

納車当日に事故をしないとは限りませんのでその日に合わせておきましょう。

 

最後に、ローンを組んで車を購入すると言う人はどう言ったローンをどう言った金融機関を通して組むのかをチェックしておかなければいけません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る