車の購入について

2013年3月6日 / 購入について

yuuhi480

 

ディーラーなどで新車を買うよりも、今の時代においては中古車販売店などにおいて中古車を買うことのほうが多くなりました。

賃金の低下などが叫ばれる中でも、公共交通機関が発達してなければ車は必需品となっているものです。

そこで少しでも安く車を手に入れようと、中古車を購入する人が多くなりました。
ですが新車のほうが良いという人もいますので、ディーラーなどで新車を購入する人ももちろんいるのが現状です。

 

そんな中古車、そして新車を買うに当たっての購入手続きについていくつか考えなければならない点があります。

新車を買うのと中古車を買うのとで手続きに大きな違いが出るのは自動車の登録の内容です。

新車を購入した場合には、公道を走れるようにナンバープレートを取得しなければいけませんのでこれが新車の登録の内容になります。

 

反対に中古車の場合では既にナンバープレートがついている車を買うことになりますので、その車を所有していた人の名義から、購入を決めた自分への名義へ変更することになります。

他人の名義のままで走ると言うことは出来ませんし、これらの登録は複雑なものとなっているのでディーラーが代行してやってくれますが、その場合に代行手数料がかかってしまうのは避けられません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る