新車で買うときは

2013年3月6日 / 購入について

各自動車メーカーにおいてーそのメーカーのディーラーで新車を購入したとしても、そのまますぐには走らせることは出来ません。

なぜなら車にはついてなければならないものがあるからです。

 

それは車の前と後ろには必ずついているナンバープレートがそれであり、これを新車を買った後に取り付けなければいけません。

ナンバープレートを取り付ける一連の流れを新車における自動車の登録としており、この新車が法律に合格しているかどうかをまず陸運支局と、それから自動車検査登録事務所において検査をして、それに合格をして車検の証明書、そしてナンバープレートが交付されることになるのです。
ですが、これらの手続きは複雑なものになっていますので新車を登録する手続きに関してはディーラーに任せたほうがミスも不安も少なくなりますので無難であると言えるでしょう。

 

そして車庫証明についてはディーラーなどに頼む場合がほとんどですが、これは自分で申請の手続きをすると手間がかかる分費用がいくらか安く抑えられると言ったメリットもあります。

こうして一連の流れで登録を済ませて、ようやく新車に乗って公道が走行できる状態になりますので、これらの手続きの流れは覚えておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る