中古車販売店で買うときは

2013年3月6日 / 購入について

最近では新車よりも中古車のほうがお得であるため中古車を購入する人が増えています。

新車を購入する時にはナンバープレートを取り付けるのにいくつかの手続きをしなければいけませんが、中古車になってくるとまた話が少し違って来て、中古車ディーラーであったりオークションで販売されている車であったり、個人売買の場合においても中古車を購入する事になります。

 

こう言った中古車は大多数の場合、車検が有効なのでナンバープレートが残っている車になります。

こうしたナンバープレートが残っている車は前の持ち主の名義から自分の名義に変更した場合にはそのまま使用されますが、ナンバープレートがついていない車もあり、その場合には新車ではなく中古車として再度ナンバープレートを取得しなければいけません。

 

それから、ナンバープレートが違う都道府県の車であった場合にも再度登録が必要になります。

そしてこの手続きに関しては自分で出来るものでもありますが、用意する書類が申請書、印鑑証明書、抹消登録証明書などさまざまな書類を用意しなければいけない上に、業者に頼んでも無料で行なってくれるサービスになっていることがほとんどなので、業者に任せたほうが無難であると言えます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る