カテゴリー「手続き」の記事

保険について

2013年3月6日 / 手続き

自分でぶつかってしまった自損事故だけではなく、人や他の車を巻き込んでしまう事故も自動車を運転する上では付き物です。

その時に保険に入っていなかったとなれば悔やみきれなくなってしまいますし、多額の賠償金などを支払うはめになってしまうことになります。

もちろん事故をまず起こさないように安全運転をすることが大事ですが、他の車に後ろから突っ込まれた、ブレーキをかけたが間に合わず事故に巻き込まれてしまったと言うように避けようとしても避けきれない事故と言うのも存在しますので、保険に入っておくことに越したことはありません。

 

自動車の保険は購入時に必ず入らなければいけない自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険がありまして、これは最低限の保険であるといえます。

それからその自賠責の保険でまかなえない部分を補ってくれるのが任意保険ですが、これは任意と言えども加入しない人はほとんど居ません。

たとえば人に対して事故を起こしてしまい、怪我や後遺症の元になったとしたら。
物に対して事故を起こしてしまい、その壊してしまった物がとてつもなく高価な金属類であったりしたらと言うように、いつ、どんなとき、何に対して事故を起こしたり巻き込まれたりするかがわかりませんので、入っておいたほうが無難です。

ローンで購入する場合

2013年3月6日 / 手続き

車を買うと言うことは大きな買い物であり、こう言ったお金に関しては一括で用意できないために、ローンを組んで分割払いで車を買うと言う人もめずらしくはありません。

ローンを組んで車を購入するとなると、また支払いの仕方も変わってきます。

 

このローンを組む方法は種類がいくつかあり、販売会社が提携しているローン会社でローンを組む場合には金利が少し高めの設定になっています。

なぜなら消費者金融と提携している場合が多いので、どうしても金利が高めになってしまうからです。

 

それから銀行において自動車ローンを組む場合、審査が厳しい代わりに低金利でローンの融資を受けられるのです。

また、自分が勤めている会社でローンの融資をしてくれるのであれば、申請によって金利が優遇されることもあります。

 

そして残価設定型というローンがあり、これは買うときにまず半額分を支払います。

その後、3年間の期間で走行距離や車を無傷で扱わなければいけないといった条件付きのローンですが、3年後に車を売るか買い取るかの選択肢があり、売ると半額で買い取ってくれるのでローンが残らないと言う変わったシステムになっています。

買い取りの場合はもちろん半額分を支払うことになります。

車庫証明

2013年3月6日 / 手続き

ものを買ったら当然置き場所が必要になります。

食料品であれば冷蔵庫やすずしい場所であったり、雑貨であれば棚やケースなどに整理整頓すると言うことになります。

 

さて、自動車を買った後にはとその自動車の置き場所が必要になりますが、これは車庫や駐車場と言うことになります。

小さなスペースでは決してありませんし、自分で車庫を持っているというのであればまだしも、駐車場を借りるとなるとお金が毎月かかります。

これは車を購入する時の手続きのひとつとして車庫証明と言うものになりますが、車庫証明は軽自動車と普通車によってやり方が変わってきます。

 

普通車の場合、購入してから登録をする前に車庫証明を取らなければいけませんが、軽自動車の場合では車庫証明に関して登録が済んでから1ヶ月以内に車庫証明を上げなければいけない決まりとなっていまして、ここに大きな違いが出てきますので自分が買う車がどちらに当てはまるのかを確認しておくことが大切です。

ひとつのスペースに1台まで登録が可能で、警察に保管場所使用承諾証明書と配置図、軽自動車は自動車検査証のコピー、登録したばかりの車は型番と車体のナンバーがわかる書類が必要となり、その後に警察のチェックが入って合格し、初めてそこが車庫として認められます。

車を買うときにしなければならないこと

2013年3月6日 / 手続き

車を買うのは良いけれども、その後に色々な手続きをしなければ車は乗れません。

 

車を買っても乗れないのは宝の持ち腐れですので、しっかりとやるべきことの手続きをして車に乗れるようにしなければいけません。

 

まずは車を購入した直後には、車が公道を走れるように登録をしなければいけません。

 

色々な書類にサインと捺印をしてから登録をしますが、新車の場合はナンバープレートの取得、中古車の場合は名義の変更がこれに当てはまり、ディーラーなどの代理店にこの手続きをしてもらいます。

 

それから車の置き場所として車庫が必要になりますので車庫証明もしなければいけません。

 

これは普通車と軽自動車でやり方が違い、普通車の場合は登録前に、軽自動車は登録後1ヶ月以内に車庫証明を取ります。

 

そして、自動車を運転する上では事故はつき物ですから保険の加入も済ませておきましょう。

 

任意保険と呼ばれるものになりますが、これは納車の日に合わせて保険をセットしておくのがベストです。

 

納車当日に事故をしないとは限りませんのでその日に合わせておきましょう。

 

最後に、ローンを組んで車を購入すると言う人はどう言ったローンをどう言った金融機関を通して組むのかをチェックしておかなければいけません。

TOPへ戻る