カテゴリー「購入について」の記事

中古車販売店で買うときは

2013年3月6日 / 購入について

最近では新車よりも中古車のほうがお得であるため中古車を購入する人が増えています。

新車を購入する時にはナンバープレートを取り付けるのにいくつかの手続きをしなければいけませんが、中古車になってくるとまた話が少し違って来て、中古車ディーラーであったりオークションで販売されている車であったり、個人売買の場合においても中古車を購入する事になります。

 

こう言った中古車は大多数の場合、車検が有効なのでナンバープレートが残っている車になります。

こうしたナンバープレートが残っている車は前の持ち主の名義から自分の名義に変更した場合にはそのまま使用されますが、ナンバープレートがついていない車もあり、その場合には新車ではなく中古車として再度ナンバープレートを取得しなければいけません。

 

それから、ナンバープレートが違う都道府県の車であった場合にも再度登録が必要になります。

そしてこの手続きに関しては自分で出来るものでもありますが、用意する書類が申請書、印鑑証明書、抹消登録証明書などさまざまな書類を用意しなければいけない上に、業者に頼んでも無料で行なってくれるサービスになっていることがほとんどなので、業者に任せたほうが無難であると言えます。

新車で買うときは

2013年3月6日 / 購入について

各自動車メーカーにおいてーそのメーカーのディーラーで新車を購入したとしても、そのまますぐには走らせることは出来ません。

なぜなら車にはついてなければならないものがあるからです。

 

それは車の前と後ろには必ずついているナンバープレートがそれであり、これを新車を買った後に取り付けなければいけません。

ナンバープレートを取り付ける一連の流れを新車における自動車の登録としており、この新車が法律に合格しているかどうかをまず陸運支局と、それから自動車検査登録事務所において検査をして、それに合格をして車検の証明書、そしてナンバープレートが交付されることになるのです。
ですが、これらの手続きは複雑なものになっていますので新車を登録する手続きに関してはディーラーに任せたほうがミスも不安も少なくなりますので無難であると言えるでしょう。

 

そして車庫証明についてはディーラーなどに頼む場合がほとんどですが、これは自分で申請の手続きをすると手間がかかる分費用がいくらか安く抑えられると言ったメリットもあります。

こうして一連の流れで登録を済ませて、ようやく新車に乗って公道が走行できる状態になりますので、これらの手続きの流れは覚えておくと良いでしょう。

車の購入について

2013年3月6日 / 購入について

yuuhi480

 

ディーラーなどで新車を買うよりも、今の時代においては中古車販売店などにおいて中古車を買うことのほうが多くなりました。

賃金の低下などが叫ばれる中でも、公共交通機関が発達してなければ車は必需品となっているものです。

そこで少しでも安く車を手に入れようと、中古車を購入する人が多くなりました。
ですが新車のほうが良いという人もいますので、ディーラーなどで新車を購入する人ももちろんいるのが現状です。

 

そんな中古車、そして新車を買うに当たっての購入手続きについていくつか考えなければならない点があります。

新車を買うのと中古車を買うのとで手続きに大きな違いが出るのは自動車の登録の内容です。

新車を購入した場合には、公道を走れるようにナンバープレートを取得しなければいけませんのでこれが新車の登録の内容になります。

 

反対に中古車の場合では既にナンバープレートがついている車を買うことになりますので、その車を所有していた人の名義から、購入を決めた自分への名義へ変更することになります。

他人の名義のままで走ると言うことは出来ませんし、これらの登録は複雑なものとなっているのでディーラーが代行してやってくれますが、その場合に代行手数料がかかってしまうのは避けられません。

TOPへ戻る